【89】100万回目の人生

October 15, 2019

 101万回目の人生

 

100万回生きたねこという童話があった。

たしかこんな内容だったと思う。

一匹の猫が100万人の飼い主とともに過ごし、100万回可愛がられ、100万回愛されて生きた。100万回生きたその猫は、自分が100万回生きてきたことを自慢していた。

 

100万回生きた猫は、101回目の人生で白猫に恋をする。

二人はいつも寄り添い合い、子どもたちにも恵まれて幸せな日々を送る。

 

しかし、100万回生きた猫の愛した白猫が、ある日突然いなくなる。

白猫は死んでしまったのだ。

 

100万回生きた猫は生まれて初めて泣いた。

 

100万人の飼い主に愛され、大切にされた猫は、飼い主たちの死に泣くことはなかった。

100万回生きた猫は泣いたことがなかったのだ。

 

100万回生きた猫は、白猫を想って100万回哀しみ、100万回涙したあと、死んだ。

 

100万回生きた猫は、101万回目でやっとその人生を終えたのだった。

 

さて、あなたはこのお話しをどう感じるでしょう?

人生は1回限り、2回限り、10回限り・・。

人生が1万回限り、10万回限り、100万回限り・・・。

100万回生きた猫は教えてくれます。

100万回生きることが素晴らしいのではなく、たった一度の人生の中で、心から愛する人と出会い、愛し、愛されることが何よりも大切な、生きるということだと。

生きていれば、辛いと感じる時もあるかもしれません。しかし、「人生はあなたが思うほど悪いものではない」という歌があるように、誰もが素敵な人生を生きているのです。

100万回生きられても、一回限りでも、そんなことは取るに足りないことなのです。

 

105歳まで生きたジョージ・ド—ソンは言いました。

「100年なんてあっと言う間に過ぎていく、200年、300年あっても同じだと想う・・」と。

 

 

©Social YES Research Institute / CouCou

Please reload

Recent Posts

December 16, 2019

Please reload

Archive
Please reload

© 2023 by Hunter & Thompson.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now